全六サイト案内

スマホサイト用 QRコード

携帯サイト用 QRコード

QRコード

ソーシャルボタン

鬼の城 の新機種記者発表会

2013年03月12日 有明フロンティアビルにて、新機種 鬼の城 の新機種記者発表会が行われた。

長谷川崇彦室長による挨拶

まずはユニバーサルエンターテインメントマーケット戦略室の長谷川崇彦室長より挨拶があった。

鬼の城 プレス発表会

「いわゆる版権物が業界の主流なっている中、今の時代にあったキャラクターをユニバーサルから逆に世の中に発信して行きたいと云う事を常々考えていた」と経緯を語った。

「ファイナルファンタジーで有名な天野喜孝先生にキャラクターデザインとゲームのコンセプト・世界観の部分で関わって頂いき、この『鬼の城』を開発した」と発表。

また「幻想的な世界を表現する為(ユニバーサルでは5号機初となる)G数解除と、『銀河英雄伝説』で好評だった7 RUSHのゲーム性を取り入れた」と説明。

「2013年度ユニバーサルは『パチスロでこういうのってなかったよね』と云った事に挑戦して、皆様にあっと驚いて頂こうと思っているので期待して頂きたい」と締め括った。

天野喜孝氏からのビデオメッセージ

続いてイラストレーターの天野喜孝先生からのビデオメッセージが紹介された。

鬼の城 天野喜孝氏

桃太郎と云う日本人なら誰でも知ってる物語、そのシンプルで解りやすいストーリーをベースにファンタジー性を出した」と『鬼の城』の魅力について語った。

「初めてのパチスロ作品ですが、僕の世界観を表現しましたので、皆さん楽しんでゲームの中に入り込んで下さい」とコメントした。

続いてマーケット戦略室の山本学課長による機種説明が行われたので、以下に注目ポイントをまとめた。

桃太郎+ファイナルファンタジー!?

鬼の城 ファンタジックな世界観

「鬼の城」は昔話「桃太郎」がモチーフとなっているが、天野喜孝先生の監修により非常にファンタジックな世界観に仕上がっている。

鬼の城 鬼神界戦

またゲーム性の面においてもRPG要素が盛り込まれており、写真の「鬼神界戦」は小役が揃えば主人公キビツが攻撃、リプレイなら敵が攻撃すると云う完全自力バトル方式となっている。

この「鬼神界戦」で勝利すると、通常時ならART当選、ART中ならBONUS当選となるようだ。

銀河英雄伝説の「7 RUSH」が進化!!

鬼の城 鬼狩RUSH

最大の魅せ場は「銀河英雄伝説」でも好評だった7が連続で揃いまくる「鬼狩RUSH」だろう。

セット開始時に「鬼狩RUSH」でG数を上乗せし、その後ART「殲鬼の刻」に突入する仕組みだ。

「7 RUSH」は36連が上限だったが、今作では上限が撤廃された為、無限の可能性を秘めている。

鬼の城 桃姫BONUS

またART「殲鬼の刻」消化中も「鬼神界戦」(勝てばBONUS)抽選を行っているのも嬉しい。

BONUSは鬼狩りRUSHをストックする役割を担っているようだ。

桃源の記録&再生(セーブ&ロード)機能

鬼の城 桃源の記録&再生

そして最大の目玉は業界初となる「セーブ&ロード」機能。

ART中に中段にが揃うと何とその時の状況(残りG数・ストック数・状態)をセーブしてしまうと云うのだ。

セーブした状況はART終了後に自動的にロードされ、再度美味しい思いが出来てしまうと云う胸熱ものだ。どの状況でセーブ出来るかが展開の鍵になりそうだ。

この他にも気になる点は多数あるのだが、詳細は判明次第お伝えして行きたい。

導入は5月7日予定となっている。

↑ 浮上する