全六サイト案内

スマホサイト用 QRコード

携帯サイト用 QRコード

QRコード

ソーシャルボタン

クランキーコレクション のプレス発表会

ACROSS クランキーコレクション 挨拶

2013年01月29日 有明 東京ファッションタウンビル(TFTビル)にて 新ブランドACROSS、及び新機種クランキーコレクション のプレス発表会が行われた。

まずはユニバーサルエンターテインメントマーケット戦略室の長谷川崇彦室長より挨拶。

クランキーコレクション プレス発表会

「映像とのコラボレーションという意味で非常に進化を遂げた5号機時代ですが、パチスロ(遊技機)本来の遊び、 5ライン・9つのマス・21コマのリールといった配列が生み出すゲーム性といったものを忘れてはならない。 例えば、ユーザーの腕(目押し)や知識の差が面白さに繋がらなくてはならない。 こう言った事を開発を通して感じていた」と新ブランド設立の経緯を語った。

そして「職人技が光るマシーンをユーザーの方に今一度体験して貰い、本来持つ機械の深みを感じて貰いたい」とACROSSブランドのコンセプトを説明。

「その第1弾に最も適した機種が、クランキーコンドルの正統派後継機種『クランキーコレクション』である」と発表した。

新生ブランド ACROSS

続いて株式会社アクロス代表取締役社長に就任した中島忠雄氏が登壇。

ACROSS 代表取締役 中島忠雄氏

「『ACROSS』という社名は、パチスロに関わる全ての人(ALL)の思いが重なる(CROSS)場所という意味が込められており、 その期待に応えるべく、新しい挑戦をして行きたい。 新しい楽しさ新しい刺激新しい感動、新生ブランドACROSSは常に新しさを求めて参ります」と挨拶した。

今回でシリーズ4作目となるクランキーコレクションについて、現在判明しているのは、クランキーコンドルクランキーコンテスト両方のリーチ目を踏襲したノーマルAタイプの技術介入機である事。

以下に判明しているリーチ目と技術介入のポイントを紹介する。

クランキーコレクション リーチ目集

中段「赤7」テンパイ

中段「赤7」テンパイ : クランキーコレクションのリーチ目

ユニバーサル伝統のリーチ目!

上段「青7」テンパイ

上段「青7」テンパイ : クランキーコレクションのリーチ目

「クランキーコンドル」と云えばこの出目! 悶絶ですね!

中段「リプレイ・リプレイ・スイカ」

中段「リプレイ・リプレイ・スイカ」 : クランキーコレクションのリーチ目

俗に云うトイレ目!

「7」図柄一直線

「7」図柄一直線 : クランキーコレクションのリーチ目

問答無用のリーチ目!

小役テンパイハズレ系

小役テンパイハズレ : クランキーコレクションのリーチ目

小役を狙って中でハズれればリーチ目!

「チェリー」付き“ボーナスハサミ”

「チェリー」付き“ボーナスハサミ” : クランキーコレクションのリーチ目

角チェからボーナスをハサんだら2確!

上記以外にもクランキーコンテストの「コンドル」ハサミ目、枠上・枠下が気になるドキドキの「スイカ」ズレ目、そしてゲチェナこと右リール下段「チェリー」付き「7」も健在との事。

クランキーコレクション 技術介入のポイント

「コンドル・赤7・赤7」

「コンドル・赤7・赤7」 : クランキーコレクションの技術介入のポイントとなる出目

今作の技術介入のポイントとなる出目。

尚、導入は今春予定となっている。

©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

↑ 浮上する