全六サイト案内

スマホサイト用 QRコード

携帯サイト用 QRコード

ソーシャルボタン

魂斗羅3D の新機種記者発表会

2013年06月11日 六本木ミッドタウン2Fコナミホールにて、魂斗羅3D の新機種記者発表会が行われた。

KPE株式会社 営業戦略部 青木裕課長による挨拶

まずはKPE株式会社 営業戦略部 青木裕課長より挨拶があった。

魂斗羅3D KPE株式会社 営業戦略部 青木裕課長

『魂斗羅』は1980年代に発売されたアーケードゲーム・家庭用ゲームソフトから続くシリーズで、2012年の米TIME誌(WEB版)にて歴史上最も偉大なビデオゲーム100本の中に選ばれた作品」と紹介。

「KPEはこれまで萌え色が強いパチスロ機が多かったが、『バイオレンス・漢(おとこ)』といった硬派なイメージをテーマをしたパチスロを製作したいと考え、今回『魂斗羅3D』を開発した」と発表。

「キャッチコピーは『上乗せを武装強化せよ!!』で、武骨なコンテンツをベースに屈強な男たちが繰り広げる闘いとG数上乗せを連動させた」と説明。

「高稼働だった『戦国コレクション』の高純増AT+G数管理のシステムを継承し、かつ『ランブルローズ3D』の液晶技術を駆使して、完成度の高いパチスロ機に仕上げた」と締め括った。

続いてKPE株式会社 営業戦略部 今井圭吾氏より機種説明が行われた。

高純増AT+G数管理

魂斗羅3D コントラ!

魂斗羅3Dは高純増AT機で、突入契機はG数解除・自力解除・レア役での直撃の3パターン。ベルの連続もチャンス役となっており、通常時のベル4連はAT確定だ。

またG数解除の期待度の高いゾーンと自力解除の期待度の高いゾーンが交互に訪れるG数管理システムを搭載しており、通常時はどのGでも常に期待感を持てる。

ATは純増約2.8枚/Gで、初当りで最大7セットまで期待出来る。継続率やセット数上乗せはなく、G数上乗せに特化したAT機となっている。

武装強化型AT

魂斗羅3D バトルチャージRUSH レーザー照射!!

本機の最大のセールスポイントは『バトルチャージRUSH』『魂斗羅エクスプロージョン』の2種類のレベルアップする上乗せゾーン。

『バトルチャージRUSH』はレア役で突入する4体の敵との上乗せバトルで、与えたダメージが上乗せG数に反映される。消化中は装備する武器のレベルアップ抽選を行っており、武装強化される事で与えるダメージ(=上乗せG数)がアップして行く仕組みだ。

一方の『魂斗羅エクスプロージョン』はAT中の赤7揃いで発動する毎G上乗せ特化ゾーンで、こちらも上乗せする度に上乗せG数がアップして行く仕組み。一撃性を秘め、4桁上乗せも可能となっている。

いずれもスタート時に『超』がつけば、MAXレベルでスタートする超上乗せ特化ゾーンとなる。

今年の夏は熱い!?

導入開始日は8月19日。

魂斗羅3D KPE株式会社 営業戦略部 今井圭吾氏

「夏真っ盛りの熱い中、熱い漢たちのバトルで、熱い夏を熱いパチスロで過ごして欲しい」と熱い視線で語る今井氏。

↑ 浮上する